脱毛ラボ【口コミ広場】-体験者による実体験レポート-

脱毛ラボに行く前に!施術の際の持ち物一覧♪

現在では、脱毛を行っている女性は多くいます。脱毛ラボでは、初回に無料カウンセリングがあり、脱毛の効果や健康状態などを確認するために行います。その際の持ち物があります。予約時の名前や住所を確認する必要があるため、身分証明できる免許書や健康保険書の提示が必要となる為、用意しておく必要があります。また、契約を行うと事前から決めていたのであれば、無料カウンセリング後に契約を行う必要があります。その際に、同意書を記入するため、印鑑が必要となります。未成年であれば、保護者の同意書が必要となってきます。もし、契約を行わないのであれば、その旨をしっかり伝える必要があります。脱毛ラボは多くのキャンペーンを行っていますが、他のサロンと比較して、判断する事も大切だと思います。脱毛は安い買い物ではないため、慎重に考える必要があります。持病を持っているのであれば、主治医に脱毛を施行しても異常ないかを確認する必要があります。脱毛を施行することで、健康状態に異常をもたらしてしまう恐れがあるからです。脱毛ラボを施行する際は、服装は自由で大丈夫ですし、タオルや紙パンツは用意してあります。だが、料金は、契約を行った際に、クレジット払いか現金払いにするか決める為、契約時の持ち物として、現金かクレジットカードが必要となります。契約時に持ち物を忘れてしまえば、後日契約も可能となっているので、焦らず、納得のいく説明を受けてから契約を行う必要があります。脱毛ラボに行き契約する際の持ち物は、身分証明書と印鑑、お金などです。持ち物のひとつである身分証明書は契約する際に提示を求められ、未成年の場合で親権者が同席しない場合には同意書を持参します。お金は剃り残しがあった場合のシェービング料などに必要になる可能性があるため、念のため多く用意すると安心です。脱毛ラボに行く際の持ち物も気になりますが、どのような服装で行けばよいかも気になるところです。服装は、どのような服装でも問題はありません。可能であれば服を脱いだり着たりしやすい服装が望ましいです。全身脱毛の場合は、1回の施術で4ヶ所程度は脱毛するため服は締め付けないスタイルで、肌に優しい生地のタイプを選びます。また、デリケートゾーンの脱毛をする場合の下着は、デザインよりも肌を締め付けない、心地よいタイプが良いです。脱毛の施術後の肌はデリケートな状態なので、刺激をさけるためにも下着は締め付けのないタイプが良い選択です。脱毛ラボには無料カウンセリングがあります。無料カウンセリング後に契約を考えている場合は、印鑑、身分証明書、未成年は親権者の同意書、現金などが必要になります。契約をせずに話だけ聞きたいという場合には特に持ち物は必要ありません。当日パッチテストを受けたい場合は、印鑑を持参します。パッチテストだけでも印鑑は必要になるのです。カウンセリングの予約をする際に、スタッフとやり取りすることがあるため、その際に持ち物を最終確認することができます。

脱毛ラボに行く前に!施術の際の持ち物一覧♪関連ページ